年の豊富な実績

害虫獣対策

ペストコントロール

害虫退治を徹底してみませんか?

ペストコントロールとは?

「害虫(獣)駆除」というと、害虫を皆殺しにするあるいは全滅させなければならないと考えがちですが、確かに可能であればそれに越した事はありません。

しかし、現実には害虫(獣)を全滅させる事は非常に困難な事であります。
ペストコントロールの本質は「ある空間の害虫(獣)の密度を制御し、害のない程度に抑える」ことにあります。

害虫防除の手段としては、発生した害虫(獣)の駆除よりも、発生の防止を重視する事が大切です。言い換えると、発生してしまってから駆除するよりも、発生させない環境の整備を心掛けることが大切だということです。

年間管理計画

建物内に生息するネズミや害虫類を駆除する為には、組織的かつ計画的な駆除作業が必要となります。建物内には人目につかないところや、ふだん人が使用しない空間(資材倉庫やパイプスペース等)が多く、そういった所にネズミや害虫が集まる傾向があります。駆除(防除)作業は大きく分けて、調査・計画・施工・検査の4段階で実施されます。
省薬剤で低レベルの生息数で管理していくにはまず、衛生的で、虫の発生しにくい環境を作る事が大切です。
それには5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)活動を基本に実行していく事が必要です。

調査及び分析と予防

季節や温度、湿度条件により虫は大量発生したり、生息が少なくなったりします。これを季節的消長と呼びます。従って、過去のデーターやモニタリングから虫の種類や発生が予測できます。また発生源や侵入経路を特定し、それを元に発生を抑える予防措置や対策(清掃や防除)を講じていきます。

また、AIB(American Institute of Baking アメリカ製パン研究所)等の防虫対策を中心とした食品衛生管理システムに沿ったご提案も致しております。

ユスリカ、コバエ類(ショウジョウバエ、ノミバエ、チョウバエ)、ヌカカ、イエバエなど、その他飛翔昆虫やタバコシバンムシ、ムカデ類など、あらゆる種類の虫に対応しています。お気軽にご相談ください
弊社ではIPM(※)を導入し、品質を重視した施工を行っております。施工スタッフ全員に定期的検便検査の実施をしております。
(赤痢・パラチフス・O-157・腸チフス・サルモネラの検査を1年に6回以上実施)

※IPM・・・(Integrated Pest Managementの略語)調査やモニタリングを行い、対象生物と管理レベルを設定し、計画的かつ効率的にレスケミカル(省薬剤)を重視した防除システム

実施までの流れ

1.お問い合わせ・ご相談

ご質問などお問い合わせ下さい。スタッフが丁寧にお応えします

2.環境調査

被害状況・周辺環境などの状況把握

3.ご提案

最適かつ効果的な方法を提案し、お客様と打ち合わせいたします

4.見積書作成

見積書を作成し、お客様へご提示いたします

5.ご成約

お客様とご契約を行い、作業を開始します

6.定期管理

定期的な環境整備で、害獣・害虫の発生を防ぎます

料金・工事などに関するお問い合わせはこちらから

TEL:0120-89-6402

お客さまの声

次々と寄せられる害虫獣対策(ゴキブリ駆除)への感謝のお手紙の数々。
皆様のご声援に支えられて弊社スタッフは今日も、害虫獣対策(ゴキブリ駆除)に頑張っております。

T 鮮魚店 様

いつもお世話になっております。親切にていねいにしていただいております。
従業員の皆さんも感じがとっても良いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

M 菓子メーカ 様

いつもお世話になっております。防虫スプレーをお店で愛用しています。
これからもお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。

D 和食系飲食店 様

いつもお世話になっております。毎回遅い時間から駆除して頂いて感謝しています。
この季節はゴキブリやハエが目立つので、お忙しいと思いますが、
駆除の回数を増やしたり、様子を見に来て頂ければ有り難いです。

料金・工事などに関するお問い合わせはこちらから

TEL:0120-89-6402

シロアリ防除

安心・確実なシロアリ防除はイーテックにお任せ下さい。

害虫獣対策

害虫退治を徹底してみませんか?

ネズミ防除

ねずみ退治を徹底してみませんか?

衛生(細菌)検査

働く方の衛生意識を高め、食中毒の二次汚染を防止します。

ハト・野鳥対策

鳩・カラスなど迷惑な鳥の被害でお悩みの方へ。

ビルメンテナンス

エアコンクリーニングなど、快適空間創りをお手伝いします。